函館市民生事業協会

お知らせ

2020/02/04

令和2年2月4日(火) 宝探し!と言う名の雪あそび!

ようやく雪が降りました。昨日から外、外、外・・・と有り余るエネルギーを放出すべきチャンスを狙い続けており、いよいよその日がやってきましたー!

今日は宝探し大会と言うこともあり、大きい子が小さい子のお世話をしてくれている、そんなステキな場面に遭遇すると嬉しい気持ちです。

スノーウェアを着ると、もう誰が誰だかわからなくなってきました。1から年長まで全員が園庭に集合していまして。

まんべんなく撮りたいですが、上手く撮れてなかったらごめんなさい。

子どもたちもテンション上がってますので、すごいことになってます。

先にソリをゲットしようと動く3歳クラス。(その方がよさそうです笑)

とにかーく楽しそうなことには間違いありません。

(私もあちこち写真撮りに夢中。気の利いたコメントをかけない撮り方してます)

楽しさ伝わりますか??

遊びの選択って面白いです。

山を滑る子、雪を掘る子、友だちをそりに乗せる子・・・

大人は自分が楽しいと感じるものをやらせたいと感じがちですが、子どもは自分で選択した遊びが一番楽しいのです。

大事な事は「口出しせず見守る事」です。

保護者の皆様、お子さんがどのウエアか分かりますか??

園庭は少々混雑していましたが、久しぶりに力いーっぱい遊べた一日。

雪に感謝。

ちなみに0歳クラスには宝が届けられました。

(宝とは・・子どもたちの作った玩具です)