函館市民生事業協会

お知らせ

2021/05/13

令和3年5月13日(木)② ひつじ・きりん組 比遅里神社

午前中遠出の散歩で「比遅里神社」に行ってきたひつじさん、きりんさん。

(担任の先生から写真をもらいました。)

片道40分かけて行ってきました!!

着いたら、すぐお参りする一同を発見。保育士の姿を見よう見まねで拝んでいました。

片道40分の疲れは全く見せず、自然の中でたくさん遊んできましたよ。

比遅里神社には“土俵”があって、そこで相撲をとることが子どもたちの楽しみです。

実際に人と押し合う力加減・・・・やってみなくてはわかりませんもんね。

自然の中でやる相撲は格別です。

みなさんは昔、木登りをしたことがありますか?

ここ比遅里神社には、とっても登りやすい木がたくさんあります。

経験が制限される時代の今、自然を五感で感じ、いろいろなことをやってみてほしいと願っています。

「拝んだほんがいいじゃない?」「あそこにもまつぼっくりがあるよ」と子どもたちの会話はとってもおもしろいです。

感じたこと考えたことを、伝えたり聞く・・・・・これもたくさん経験してほしいです。

これは鉄砲ですかね、剣ですかね。見つけるのが上手です。

「せんせーい、なんかあるー!!」・・・・

スカスカの葉っぱでした。

「なんでこんなにうすいんだろう・・・」

この「なんで?」・・・・この気持ちも子どもの成長には欠かせません。

いろんな「なんで?」が、学びに向かう力につながっていくのですね。

お茶で水分補給し、帰りも40分かけて歩いて帰りました。

きりんさんがひつじさんと手をつないでいたので、とても心強かったです。